Home > スタッフブログ >大工の刻み作業が始まります

大工の刻み作業が始まります

DSCN0605 DSCN0604

年末に小名浜にて上棟する家の手刻み作業が始まりました。

天板に描かれた軸組み図を元に大工さん達が昔ながらのやり方でノミで刻んでいきます。

下地も含め全て国産の無垢材、中でも圧巻なのが7メートルを超える梁。

岩手の寒い山で育った目の詰まった赤松材を1年以上天然乾燥しています。

多くの人の手間と思いが詰まったこの材料で3世代の家が建ちあがっていきます。

時間や手間を惜しむ時代に逆行しているようですが、残していきたい日本の誇りですね。

 

最近のエントリー

スタッフブログ

2016.1.13
オープンキッチンと薪ストーブのあるナチュラルハウス お客様宅内覧会
2016.1.13
木工クラフト体感会 大盛況!!
2015.12.20
白河市表郷の家 3日間限定で見学できます
2015.12.20
家の骨組みになる木材の見学に行ってきました
2015.12.7
白河市表郷の家 間もなく完成します

スタッフブログの一覧を見る>>

お知らせ

2016.1.13
オープンキッチンと薪ストーブのあるナチュラルハウス お客様宅内覧会
2016.1.7
◆◆◆臨時休業のお知らせ◆◆◆
2015.12.25
☆☆☆年末年始休業のお知らせ☆☆☆
2015.12.15
◆◆◆営業日変更のお知らせ◆◆◆
2015.12.7
白河市表郷の家 間もなく完成します

お知らせ一覧を見る>>

うまいもの発見隊

2015.8.25
ラーメン三連ちゃん!!!
2015.8.1
須賀川のラーメン屋さん
2015.7.5
これぞ正統派白河ラーメン!
2014.10.11
今日からスタートしました!!
2014.7.10
2階にリビングがあるお家 完成見学会

うまいもの発見隊一覧を見る>>